作業者

【相場価格を知っておこう】テレビアンテナ工事業者を選ぶコツとは?

内容と金額をしっかり確認

アンテナ

相場価格を知っておく

住宅の屋根の上にアンテナが立っていますが、なかにはアンテナがどこにあるのかわからない住宅もあります。アンテナの見えない家では、ケーブルテレビや光テレビを使っているところもありますが、なかにはデザインアンテナという壁や屋根裏に設置できるテレビアンテナがあるため、そちらを利用していることもあります。テレビアンテナ工事は従来の屋根に立てるアンテナが一般的ですが、電波状態が良い場合には外観を損なうことのないデザインアンテナの設置も考えてみてください。テレビアンテナ工事にかかる費用は、宅内の配線有無とブースターの有無、それにテレビアンテナの種類によって変わってきます。宅内に配線があるとして、屋根の上にアンテナとブースターを設置するテレビアンテナ工事の相場は、安くても三万円程度になっています。なかにはホームページでテレビアンテナ工事を数千円でできるように宣伝している業者もありますが、実際に見積もりを依頼するとあれこれと追加費用が発生し、相場に収まれば良いのですが、相場よりも大幅に高いことが多いので、しっかりと工事内容と見積もり額が適正かどうかを確認するようにしてください。テレビアンテナ工事の流れは、見積もり依頼を出した後に見積もり回答があり、工事日を決めて、実際に工事という流れになりますが、業者によっては先に工事日を決めてから金額を決めるところがあります。そのときには見積もりを見てから業者を決めますとはっきり伝えて、もし見積もり提示を渋るようであれば選択肢から外して良いでしょう。

種類に合わせた選択を

Antenna

家にテレビアンテナの設置をするときには、まずテレビアンテナの種類や地デジだけで良いのか、それともBSやCSの視聴も必要なのか検討しておきましょう。あとはきちんとした対応ができる工事業者を選定してまかせれば安心です。

地デジ放送を見るために

作業員

地デジアンテナ工事をするにあたって、複数の業者に問い合わせと現地調査・費用見積もりをお願いしましょう。これはアンテナ工事のコスト削減と、その業者が信用できるかどうかを確かめる意味合いがあります。快適に地デジ放送を見るためには自分の目できちんと確認することが大切です。

テレビ放送を視聴するには

アンテナ

壁面タイプのアンテナは、外観を損なわないのでメリットが高いです。また取り付け工事は、ただアンテナを屋根などに設置するだけで完了するものではありません。場合によっては、ブースターなどの機器の設置が必要になるので、見積もりの時点で追加工事があるか確認しておくとトラブル回避にもなります。