家

【相場価格を知っておこう】テレビアンテナ工事業者を選ぶコツとは?

テレビ放送を視聴するには

アンテナ

取り付けに必要な工程

テレビ番組を視聴する際に必要になるアンテナには、地上デジタル放送を受信するためのUHFアンテナや、BS・CS放送を受信するためのBS・CS用アンテナがあります。UHFアンテナを取り付ける際には、電波の受信環境がいい屋根の上に設置するのが一般的ですが、家の外観などが気になる場合には、壁面に取り付けられるタイプを利用すると外観が損なわれないのでメリットが高いです。そんなアンテナの取り付け工事は、ただアンテナのみを取り付けるだけで完了するものではなく、家の立地条件によっては、分配器やブースターなどの部品が必要となってしまうこともあります。分配器は、アンテナ線を増設するための部品で、ブースターは受信した電波を増幅させる機器です。それらの機器が必要になった場合は、追加工事として機材代と工事費用が必要になるので注意が必要です。見積もりの前の現地調査の際に、それらが上乗せされるかどうか業者へ確認しておくと費用が急に上がるといったトラブルも防げます。また、販売されているアンテナの機能はどのメーカーでも同じというわけではなく、適した電界強度で見ないと正常に見られない場合もあるものです。そのため、工事の際に専用の電波専用計測器を使用して電波状態のチェックをしてから、最適なアンテナを設置してくれる業者を選ぶと安心です。そしてBS・CS用アンテナの取り付け工事を行う際には、番組を送信している衛星の関係で角度を南南西方向に向けなければなりません。南南西の方角に設置できない場合は受信できないので注意が必要です。